年齢を重ねてくると、どうしても気になるのが、「ほうれい線」です。
ほうれい線が出来てしまうと、一気に老けた印象になってしまいます。
私も、30歳を目前にし、ほうれい線が気になるようになりました。
ほうれい線があると、顔の皮膚が下に垂れている印象になるのが悩みです。
なので、意識的に笑顔を作って、口角をあげています。
毎日、口角を意識的にあげていると、ほうれい線予防にもなるそうです。
やはり、女性はいくつになっても若々しくいたいものなので、これからも、ほうれい線を予防していきたいと思います。

以前から気になりだしたほうれい線がイヤで、いろいろ対策を始めました。なかでも効果のあった方法は、洗顔方法を替えたことでした。エッ意外?と思った人もいるかもしれませんね。
洗顔を以前よりも、しないようにしたのです。と言っても全然しないわけでなく、あまり洗顔料をつけすぎないようにして、さらっと洗うようにしました。すると、大事な油分は失われないみたいで私に合っていました。保湿が保てて、ほうれい線が気にならなくなりましたよ。

ほうれい線 化粧品情報

加齢を感じやすくなるのは、女性の場合お肌のたるみやキメの荒さなどで感じるかと思いますが、実は髪の状態も若い頃と比べ、確実に変化しています。
加齢でお肌が硬くなるように、頭皮は日焼け止めを塗らない事もありますが、頭皮も硬くなり毛細血管に血流が流れにくくなるので、ますます髪に栄養が届きにくくなり、髪が細くなったり抜けやすくなります。
そんな頭皮のエイジングケアには、シャンプーの時に頭皮マッサージをするのが一番です。爪を立てないように指の腹で頭皮をマッサージし、血流の流れを改善し、頭皮をやわらかくすることで、頭皮の水分や抜け毛、白髪なども防ぐことができます。